「墓じまい」お手伝いします。お墓のことで悩んでいませんか。誰かに相談したいけどとお考えの方、ぜひご相談ください。

墓じまいお墓が遠くにあるのでお参りに行くのが難しくなった」「お墓を継ぐ人がいない」「子供がいない、いても女の子ばかり、跡継ぎはいるけれど・・・」の理由から、お墓を管理していくことがつらいなど少子高齢化が進む現代、お墓をどうしたら良いかお悩みの方、墓じまいをお考えの方、是非ご相談ください。お墓はそのままにしておけば間違いなく無縁墓になります。そうなってしまうことが先祖にとっての一番の悲劇です。
無縁墓なってしまう前に手を打つ方法として「墓じまい」があります。綺麗に片付けるということも一つの方法です。墓じまいとは、守っていくことができなくなったお墓を処分することですが、処分といっても、単に墓石を解体して廃棄すればいいというわけではありません。埋葬・埋蔵されている遺骨を勝手に取り出して移すこともできません。つまりお墓を片付けることですが、ご先祖様にお礼の気持ちを捧げ、丁寧に供養し片付けさせて頂くことでご先祖様も必ず理解してくださいます。円滑に墓じまいができるように段取りや手順をお手伝いいたします。ご相談ください。

 

 

この世に尊い生命を受け、天寿を全うした家族の遺骨(遺灰)を、垂れ桜の下へ散骨をいたします。

浄土宗稽首院(けいしゅいん)

  • 樹木散骨のススメ
  • 自然葬とは?
  • 送骨・迎骨について
  • 仏壇処分・ご供養サービス
  • 費用など

稽首院(けいしゅいん)の謂れ

稽首とは、体を二つに折るように深々と礼をするということです。
このことから、先生や師匠を敬うことで、勉強や習い事が上達することを
祈願するお寺です。

樹木散骨のススメ

樹木散骨のススメ少子化や核家族化が進み「お墓」「納骨堂」などを「所有しない」「所有したくない」、「子どもや孫に大変な墓守はさせたくない」又は、「死後は自然に還りたい」と言う方が多くなってきました、そんな状況下、散骨といった新しい形の自然葬が増えてきたのです。「しかしどこに頼めば良いか分らない」「本当に出来るの?」と言った声も多く聞かれ、そんな方々にお応えするため樹木散骨を提案します。
ご遺骨・ご遺灰をきちんと葬ることで、故人はあの世から家族をお護りいただき無病息災を祈願します。 京都が好きで、桜の下で眠りたい。自然志向や子供たちに負担をかけたくない、お墓の継承や無縁化が心配とお考えの人にお勧めします。
この世に尊い生命を受け、天寿を全うした家族の遺骨(遺灰)を、垂れ桜の下へ散骨をいたします。
宗旨を問わず、読経勤行をいたし懇ろに御供養させていただきます。これにより霊魂(みたま)はどんなに喜ばれるか測り知れません。

 

自然葬とは?

自然葬とは?自然葬 (しぜんそう)とは、従来の日本で行われていた墓石を用る葬法とは違い、遺骨を直接自然へ返したり、墓標として人工物を用いないものを指します。墓でなく、海や山などに遺体や遺灰を還すことにより、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法です。
狭義にとらえると散骨と同義であり、広義にとらえると風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、植樹葬、冷凍葬など自然に回帰するような葬り方全般を指すというとらえ方もあります。

散骨の法律の解釈

墓地ならびに埋葬に関する法律は、「墓地、埋葬等に関する法律」と「遺骨遺棄罪」刑法190条の二つがあります。
法務省では、散骨に対して「節度をもって葬送の一つとして行われる限り違法ではない」という見解が認められております。また厚生省では、散骨の様な葬送の方法については、墓地埋葬法では想定しておらず法律の対象外であると表明しました。

 

中庭を改良

平成28年3月中旬に、中庭を全面的に改良し「山桜」と「山紅葉」を植え、「しだれ桜」とともに3本の木がゆったり配置され、散骨スペースが大幅に広がりました。

中庭を改良

 

送骨・迎骨について

送骨・迎骨についてとても忙しく、時間が無い」「遠方の為に持参できない」「足腰が弱く、動けない」のように、様々なご事情で当院までお越しになれない方のために『ゆうパック送骨サービス』を実施しております。
迎骨は住職が皆様の下へ出張訪問し、ご遺骨をその場で灰葬回向し、お預かりして帰り、粉骨・樹木散骨を行うサービスです。
お寺への納骨(散骨)方法の一つである「送骨」は時代に合った納骨(散骨)方法として、近年利用される方が増えています。
時代とともに、この「ゆうパック送骨」「迎骨」の需要が高まっています。
送骨・迎骨はご先祖様の大切なご遺骨を寺院に郵送することなどにより、寺院が責任をもってご供養するサービスです。
永代供養をご希望の場合は、当院が存続する間、春秋の彼岸法要に永代供養の回向を行います。
人々に拝んでもらい、皆さんの心の安らぎを・・・
お送いただいたご遺骨を、当院にて粉骨し樹木散骨いたします。
お骨の送骨のみとなりますので、位牌・遺影・おふだなどの処分にお困りの方はご相談ください。

 

仏壇処分・ご供養サービス

仏壇処分・ご供養サービス仏壇処分・・・仏具や仏像、位牌等一式をご供養いたします。
さまざまな理由により、面倒を見ることができなくなり、処分をせざるを得なくなったお仏壇、また仏具・ご本尊様(仏像)・お位牌・ご遺影などご自宅等へ出向き、その場での御魂抜きを行いご供養いたします。
処分お取り引きは、当院の委託業者が全てお引き受け致しております。
様々なご事情により、面倒を見ることができなくなったり、継承することのできなくなったお仏壇・お位牌・お仏具・神棚などの御魂抜き・ご供養・お焚き上げ処分をさせて頂きます。お仏壇の持ち主の方のご家族、ご遺族、成年後見人の方、施設担当者の方、賃貸住宅管理者の方などで、以下の様なご事情の方々からご依頼があります。お仏壇以外にも、故人様の遺品類・思い出のお品・写真・アルバム類等のご供養(処分は、当院の委託業者が行います)お引き受けいたしております。
ご相談・お見積は無料です。どうぞご遠慮なくお問合せ下さいませ。

 

  • 御魂抜き・ご供養をどこに頼めばいいのか分らない
  • 両親が亡くなったが、事情で仏壇を引き取ることができない
  • 成年後見人をしているが、依頼者が亡くなりお仏壇の処分に困っている
  • 老人ホーム入居者の、残されたお仏壇をご供養処分したい
  • お寺様に仏壇の魂を抜いてもらったが、そのまま捨てるわけにもいかない
  • 永代供養まではできないので、御魂抜き・供養だけして処分したい

 

費用など

費用など
  • 散骨費用:3万円
    ご遺骨の粉砕費、読経・回向料込
  • 送骨費用:3万円
    住職が散骨いたします。送料別途必要
  • 迎骨費用:5万円
    住職が伺います。散骨費用込。出張訪問費用(交通費)別途必要
  • 永代供養費用:5万円
    毎年2回(春3月・秋9月)お彼岸法要に供養します。
  • 散骨後、当院の檀家にお入りいただく必要はありません。
  • 名前を残すこともできます。
    桜の木の壁に名前入りのプレートを設置します。
  • 宗派は問いません。何の宗派でも結構です。管理費不要です。
  • 遺族に負担を残しません。
  • 生前予約ができます。
  • お仏壇・墓石の処分をお考えの方、
    お墓を返す・改墓・転墓に伴うご遺骨の扱いのサポートいたします。
  • 樹木葬への参拝は、日中であればご来寺いただければいつでも可能です。

必要書類

  • 樹木散骨依頼書
  • 依頼者の住民票または免許書のコピー(両面)
  • 埋葬許可書のコピー

 

トピックス

トピックス

元プロレスラーの藤波辰爾さんが来寺。

平成28年3月18日に、インタビューアーとして当院の樹木散骨の取材に来られました。ちょうど中庭を全面的に改良して山桜と山紅葉を植える工事を終えたところでした。
午後3時に藤波氏とスタッフ3人が来られ、本堂に参拝後早速インタビュー開始。約30分ほどでしたが、藤波氏はご自身の問題としてお墓のことを心配されておられるようで、樹木散骨に興味を示しておられました。
今回の内容は、「B.S.TIMES」(関西エリアで独自の提案や展開で注目の地域や施設などのスポットに注目し、その取り組みや特色を紹介するインタビューマガジン - 大阪市内の美術館、博物館、劇場、映画館、ライブハウス、公共施設、図書館などに置かれているフリーペーパー -)2016年5月号に掲載されます。

 

広告掲載をしました。

広告掲載をしました
  • 「TVホスピタル」 東京・神奈川・千葉・埼玉など首都圏593病院の待合所などに置かれていますフリーペーパーです。15万部を設置。
    平成27年11月号 63ページに広告を掲載しました。
    QRコードも付いていますので、携帯やスマホから直接、当院のホームページをご覧いただけます。
    表紙は、NHK朝ドラ「あさがきた」でお馴染みの女優の波瑠さんです。
  • 「mr partner」 イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える女性誌の月刊誌ミスター・パートナー、¥440-(税込)
    平成28年2月号102ページに広告を掲載しました。
    FM-FUJI(78.6MHz)ミスター・パートナー(毎週土曜日 A.M.9:30〜9:54)で紹介され、月刊誌ミスター・パートナーに詳細が掲載されました。
    ラジオ放送は首都圏なのですが雑誌は全国書店で購入できます。
  • 「日本が誇るビジネス大賞」 あらゆるジャンルから今の日本がわかる!実用的でカルチャーなガイドブック ¥1,500-(税別)
    2016年度版168ページに広告を掲載しました。
  • 「毎日新聞」 名古屋版 平成28年1月20日19面に広告を掲載しました。
  • 「朝雲」 自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。
    平成28年1月28日4面に広告を掲載しました。
  • 「月刊スターキャット」 名古屋市・近郊周辺エリアをカバーするケーブルテレビ局が発行するテレビガイド誌。
    平成28年3月号12ページに広告を掲載しました。

 

お問い合わせ

〒600-8878 京都市下京区西七条北西野町63‎
浄土宗稽首院(けいしゅいん) 第16世住職 賢誉敏彦(けんよびんげん)
フリーダイヤル:フリーダイヤル0120-27-4939(よくさく)
携帯電話:090-3718-6832
メール:info@keishuin.com